0855-24-7373

島根県浜田市治和町イ89-7

インプラント・入れ歯、審美歯科・ホワイトニング、虫歯、歯科口腔外科のこんどう歯科医院

口腔外科

周布駅のこんどう歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

CONTENTS

MOBILE SITE、左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

歯科口腔外科とは?

口腔外科とは、虫歯や歯槽膿漏あるいは入れ歯の治療だけではなく、口の中に発生する色々な疾患に対応する診療科です。

簡単な小手術を行ったり、親知らずの抜歯、炎症や外傷の処置、重篤な口腔内の疾患の早期発見、これらの疾患に対して治療を行います。また、重い症状に対しては、専門病院の紹介もしております。

歯科口腔外科の対応疾患

埋伏歯 親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったまま、うまく生えてこなかったり、それが原因で歯茎に炎症を起こしたりします。当院では、親知らずの抜歯も行っております。
顎関節症 噛み合わせが正しくないため、口を開いた時に音が鳴ったり、痛みがあったりします。噛み合わせを調整することで症状を改善できます。
顎関節症治療の詳細についてはこちらをご覧下さい。
顎や歯茎の炎症 虫歯や歯周病などが原因で歯茎に膿が溜まり、歯茎が腫れることがあります。重症化すると、顔が腫れてくることもあります。
良性腫瘍 腫瘍とは「できもの」のことで、お口の中や舌にできるイボのような物です。命に別状はありませんが、摘出・切除が可能です。
嚢胞 嚢胞とは、中に水のような液体の入った袋状のできもののことです。嚢胞の摘出を行い治療します。
外傷 転倒や交通事故などによって顎骨の骨折や歯の欠損、口の中を切った、などの外傷にも対応しています。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は、必ずしも必要な処置ではありません。親知らずを一生残したままの方もいらっしゃいます。では、なぜ親知らずを抜歯するのでしょうか?

親知らずは一番奥に生える歯で、成人になってから生えるのが一般的です。現代人は加工された柔らかい食物を摂取する機会が多いため顎を使わなくなり、その結果、顎が小さくなってきています。

つまり、親知らずが生えるスペースが十分にないため、一部しか生えなかったり、横に生えてしまうケースが生じてきます。その結果、隣の歯を圧迫して痛みが出たり、歯並びが悪くなってしまいます。

また、親知らずは一番奥にあるため、歯ブラシが十分届かず汚れが溜まりやすいです。そのため、虫歯になったり炎症を起こしやすくなります。

これらの理由により、親知らずを抜歯する方が多いのです。
歯科医師の立場から申しましても、今後生じうる障害を取り除くため親知らずは抜歯することをお勧めします。

顎関節症の治療

顎関節症とは、「顎が痛い」「顎が鳴る」「顎が開けづらい」など、顎の機能に障害がある状態です。若い女性に特に多い病気です。

顎関節症の原因はいくつかありますが、悪い噛み合わせのままでいることで、顎関節への過剰な負担、ストレス、全身の体の歪みに発展してしまいます。具体的な弊害としては、肩こりや偏頭痛、耳鳴り、疲労感、精神的なイライラなど、一見歯とは関係ないような症状が起こりえます。

顎関節症に対して、スプリント療法(マウスピースのような物を使って噛み合わせを調整する治療法)を中心に、薬物療法などを併用して治療を行います。

顎の痛みや不快感、原因の分からない体の不調、何となく歯の噛み合わせが悪い、などの症状がある方はご相談下さい。

Page Topへ戻る